ワクワクさんのつくってあそぼ本日で最終回。引退は誰にだってある…

NHKの番組「つくってあそぼ」が本日30日7:30から最終回みたい。

僕はすでにミドルエイジでど真ん中世代とは程遠いのですが、
こんなに長寿番組になるとは素晴らしいと思います。

しかし、そんな「つくってあそぼ」にも最終回がやって来ました。



つくってあそぼ」は、あの伝説の番組「できるかな」の
後続番組として放送を続けていた。

Sponsored Link


ボクはハッキリ言って完全に「できるかな」世代だ。

ノッポさんは、ボク達にとってはいつだって手の届かない憧れの大人だった。

ノッポさんから大人のダンディズムを学んだ

「できるかな」は僕等の世代では神がかり的なカリスマ性を持った番組だった。
(まぁ当時はまだ僕も幼児なので…)

寡黙に男の仕事を常にソツなくこなす大人。

そう、ノッポさんはダンディーな大人の象徴だった。



そしていつだってゴン太くん
ノッポさんのスゴさを引き立たせる脇役として頑張っていた。

できるかなゴン太

二人はいつだって仲良し。


そして… いつの日かボクは大人になっていた。

いつの間にか、ノッポさんに(ゴン太くんに)会う日が減っていった。


誰もがそうするように、
ボクだって、二人に会う日は減っていった…


そして、

大人になったボク達に、ノッポさんは、パンドラの箱を開けてしまった。


ノッポさんは、
ワクワクさんに自分の功績を引き継がせるために、
最後、禁断の方法をつかった。

「あ~あ… しゃべっちゃった…。 
でも、今日は特別なんです。紹介します。ワクワクさんです。」





ワクワクさんは、サラブレッドだ。
生まれながらにして伝説を引きついだエリートだった。

ボクは、正直ワクワクさんと一緒に育っていない。


「できるかな」世代だ。


しかし、時はながれた…


いつの日か、ボクは伝説を継承しつづけるワクワクさんに再会した。

ワクワクさんとゴロリはそこに居続けた

そう、ボクがすっかり違う大人になってしまったというのに、

ワクワクさんは、ゴロリは、
あの時のままブラウン管(液晶?)の中で、
伝説と闘っていた。

つくってあそぼ

そこにい続けることの継続し続けることの大変さは、
僕も身を持って実感している。


二人は、ボクが知らない間も、ずっと同じ場所で戦い続けていたんだ。


世代を越え、ワクワクさんはボクの下の世代にも、
伝説を伝え続けていたんだ。


男の仕事


やりきる。

やりつづける。

ワクワクさんとゴロリのメッセージは、ボクにしっかり届いた。


ワクワクさんゴロリのつくってあそぼ最終回

今日、2013年3月30日朝7時半から。

ひとつの時代が、区切りを迎える。


でも、これはただの終わりじゃないんだ。


次の伝説への、次の男への、バトンタッチだ。

「わくわくさ~ん今日は何を作るの?何も道具が無いみたいだけど?」
「ゴロリ、今日は思い出を作るよ」


ワクワクさん、ゴロリ、ありがとう。



伝説は終わらない

つくってあそぼの後続番組は「ノージーのひらめき工房」だ。

21世紀的な雰囲気で作成されている番組ではあるが、
現状つくってあそぼを超えるインパクトはまだ残せていない。

これからがノージーの勝負だ。
ノージーは人生をその時間帯に捧げる必要があるのかもしれない。

頑張れノージー!
伝説はつづく…

Sponsored Link



コメントを残す

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ