元旦とは?意味は何?

新年ですね。
昨日の大晦日、早めに寝ちゃったんで午前中に起きる。
別に酒は飲んでいない。

元旦とは


で、早速コーヒー飲んで延々作業。
終わりは… ない… やることが現状山積みすぎて辛い状況だ。
どこまでストイックに続けられるか、それが全て。
(これはその後1年半以上続くこととなる…)

Sponsored Link

延々長渕剛をリピートしつつ頑張る元旦。

途中、16時頃に昼食をとる。
冷凍ご飯が残っていたので、自作のチャーハンと残り物の冷奴。

これが、ボクの2013年初食事。
よくよく見てみれば、同じようなブログ更新があるけど、
まぁ気にしないでどんどん行こうと思う。

人生失敗の連続から何を生み出していくかが勝負だ。
トライアンドエラーだよ人生は。


元旦とは?

お正月って、特に元旦とかのんびり過ごしていた記憶ばかりある。

2013年の今日元旦、一生懸命やるべきことやってやりまくって、
充実感を感じながら限界に挑戦すると、そんな時間も悪くない。


元旦作業し続けて気がついたら深夜23時過ぎくらい
さすがに頭クラクラしてきたので、テレビ見て休憩。

討論番組やってた。
格差社会について、みたいな内容だったな。
日本って、どう考えても世界的には相当格差が少ない。

まぁ自由経済だし民主主義だし。
格差っていうのはそもそも生まれた時からあるもんだ。
個人個人の意識で格差を感じるのは、努力不足があるのではと思うが、
まぁ実際のところひとりひとりの意識で変わっていくのでしょう。

昨今の不況もあるし色々ありますよね。

頑張るしかない。
考えて、行動するしかない。

それが僕の元旦です。

魁男塾バナー

やっぱり、男塾とか本当にあったら日本は叩き直されると思う。


元旦の意味

で、気がついたら15時間くらいほぼ連続作業して今。
(翌2日の3:17)

ちょっと頭クラクラしてきたのでビール飲んでちょっと寝ようかな。

そもそも一年の計は元旦にあり、ってくらいでこの日に色々考えよう、
そんな感じの意味を持つ日。

だけど、
大体の人は計画どころかやることだらけで追われているもんだ。
僕もそう。どこまでやっても終わりが見えない。

だから、目の前のやるべきことを少しでもやっていって、
そんな一日を継続して365日を終える。

それを人生70年で70回。
そう考えると、どうも人生はやいね。すぐ終わりそう。

70回1年を過ごしたら70歳。
はやいなぁ~。


まぁなんやかんやいって悩むよりも
どんどんチャレンジしまくるしかないですね。

そんな感じですね。

Sponsored Link



One Response to “元旦とは?意味は何?”

  1. 園山恭平 より:

    まぁ、元旦からこんなことばっかり書いていたな、といった感じです。

コメントを残す

園山恭平メルマガストーリーを作りました。

けっこう大作です。是非クリックして確認してみてください。
園山恭平メルマガ
こちらから

関連記事一覧

僕の業務上の無料プレゼント!


サブコンテンツ

このページの先頭へ