新日本プロレス契約更改の金額は?1月4日

朝寝て朝起きる、みのもんたライフを継続しています。
とか書いたら、また実家のお母さんが心配しそう。

大丈夫です。なんだかんだで生きています。
ごめんなさい。頑張ります。

北海道は、寒そうですね。ボクは練馬区にいます。

が、小田島さんの入院状況は大変そう。
まぁ、ブログに記述できるだけでも安心材料はあるが、
かなり重症そうなので、さすがに心配だ。

1月4日はプロレスの日

で、今日は1月4日でプロレスの日。

プロレスの日

プロレスの日ということで、やはり僕もウキウキしますね。

1月4日新日本プロレス東京ドーム大会がある日。
が、ボクは東京ドームには行けず。

深夜にワールドプロレスリングの放送入ってたので録画。

で、朝方起きて見た。
結果はやっぱり棚橋選手と中邑選手が勝利。
桜庭和志選手と柴田勝頼選手は敗退。
Sponsored Link

でも、桜庭選手の試合はいい試合だったな。
総合の技術がうまくプロレスの試合とマッチしてた。
UWFインターVS新日本の時よりもスイングしてた感じ。

桜庭選手、ムーブうまい。ボマイェはホントに痛そう。

オカダカズチカ選手、メインで負けちゃったから今後の展開どうなるんだろう?
今日の1.4終わって、まるごと一回仕切り直しだな。

で、AKB48の小森美果とかゲストで放送席コメントしててウケタ。

あと、野上“ジャスティス”慎平アナと飯塚高史選手のくだりは、
けっこうプロレスマニアからはツライと思うが、とにかく続けることに意義があるな。

飯塚高史選手もぅ46歳なんだな。カラダキープできてるし強そう。
元J・J・JACKSだしやはりプロレスラーは試合して仕事してなんぼや。

それにしても、飯塚高史選手をみていると、人間の闘いつづける現役は、
最後の最期までつづくことを強く認識させられる。

どんなキャリア、どんな実績があっても、
どんな状況においても常に、闘い続ける必要がある。
闘いをやめたとき、人は老いていく。って猪木も言ってたな。

まぁ、そんな感じですね。


野上アナはとても頑張っておられるアナウンサーだと思います。
なかなかここまでやりきれないものです。


新日本プロレス契約更改の金額は?

さて、1.4東京ドームも成功に終わり、新日本プロレスの選手の契約更改も終わっています。
2013年は走りだしたばかり。

では、その選手たちの年俸金額っていくらなの?
一般からすると気になるところです。

僕は、曲がりなりにもプロレスに関わらせていただいたことのある身です。

実際の金額は、選手ごとにも想定がつきます。

たとえ、大きなスポンサー親会社がついたとしても、
いきなりプロ野球選手みたいなことにはならないのが厳しい現実。

しかし、
プロレスラーは本当に体を張って闘っています。
もっともっと給料をもらっていいはず。

かつての黄金時代はすごかったそうです。
今は、プロレス自体の人気が廃れているので、やはり人気商売、給料は衝撃的です。

それでも金額じゃない価値がプロレスにはあります。

僕は園山檸檬として次を狙っていきます。
頑張ります。

Sponsored Link



コメントを残す

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ