AKB48の真実!本当の人気ランキング投票を行います!

ご無沙汰しています。園山恭平です。

諸事情から、園山恭平記 男の道の更新をストップしています。
まぁ、単純に他のコンテンツ制作が忙しいからなんですが…

とはいえ、あまりに何も書かないのも何なので
2013年もヲタ達により盛り上がった
AKB48選抜総選挙の現時点での真実アンケートを開催します。

Sponsored Link

以下のアンケートにお答え下さい。
投票後、現在のアンケート結果が表示されます。

20130609052954711

ここでガチなAKB48の人気ランキングを決めちゃいます。
(あくまでも個人的ですが…)


AKB48 真実の人気ランキング投票

2013年AKB48選抜総選挙で16位に入ったメンバーでの人気投票となります。

あなたの真実は… どれだ?


AKB48の未来-2014年6月5日追記

上記の記事は2013年のAKB48選抜総選挙前に書いた記事になります。
それにしても1年経てば世の中の状況は随分変わるものですね。

AKB48もその後多数の卒業発表があり、大島優子も卒業決定。
それ以外でも組閣?とかあって松井玲奈が乃木坂46に交換留学生移籍?とかして、
なんだかんだで色々です。

そして起こったAKB48握手会での傷害事件。
川栄李奈さんと入山杏奈さんとスタッフの方が大怪我をされました。

巨大な一大芸能産業となっているAKB48にとって、この傷害事件はエアポケットです。
握手会というAKB48の売上を支えてきた核心的なイベントの
運営していく生命線を脅かされる事件だからです。

AKB48は何億もの売上を出し続けるモンスタービジネス集団です。

参照:AKB48恋するフォーチューンクッキーPVで税金無駄使いはNGだが…
その影響力は地域政治にさえ及びます。

巨大な産業となったということは、
その十代二十代前半の女の子の双肩には多数の人の生活がかかっています。

これが芸能界です。

一人が有名になりビジネスを運営していくのに多大なプロモーション費を投じ、
人気をだすためにラジオや雑誌やテレビの枠を買います。

そしてようやく起動にのってきた芸能人(商品)で、
ようやく投資した経費を回収していくのです。


AKB48はすでに成熟した巨大ビジネスモデルです。
メンバー本人たちの意識もとても高いのがわかります。

日本のある部分を動かしているのは彼女達とも言えるでしょう。
だからこそ、AKB48選抜総選挙には意義があります。


握手会の運営存続が傷害事件により危ぶまれる中、
今後どのようなことになっていくかはわかりません。

人気産業はひとつのほころびから急速に失速するものなのです。
(これは例外なく殆どの巨大産業でそうでした。)

SMAPのようにファンへの価値観をうまく移行させる方法もありますが、
それをAKB48ができれば最強ですね。
今後の動向に期待します。

Sponsored Link



コメントを残す

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ