忘年会の案内例文とは?理想的な2012年師走にて

勤め仕事を終え、そして一旦帰宅してから準備し勤め先の忘年会へGO。
やはり宴会は男の社交場。ここが一日の最終現場。

ボクは戦場の狼だった。
そう、はなの舞(居酒屋)という戦場の狼。

忘年会案内状

こんな戦場のような忘年会に案内なんていらない…

匂いで… 向かっていくんだ…

ちまたでよく言われている
忘年会にはきちんとした案内状があって、例文に沿ってきちんと書いてね…

なんて、そんな杓子定規な現実はここにはなかった。

忘年会の案内例文とはだろう?

答えはこうだ。

「店にきてくれ!」

それだけだ。
(プロレスっぽいですね)


忘年会は戦場だ

いつだって僕達は闘うことで自分を主張してきた。特に年末はそうだ。

闘って終える。闘って超える。年末は、いつだって闘いだ。

勝者は確実にいる。しかし…
Sponsored Link

勝ち負けだけが大切じゃない勝負も時として多数あるもんだ。
それが戦場。そして…

でも…
そうだよな。

「卒業したら、会えなくなるね。」
「キミのあの日の言葉が重すぎるよ」


思えばかつて好きでよく聴いた川村かおりさえ、もぅこの世にいない。

だからこそ、今日この時を大切にするしかない。

「センチメンタルにはならない。素敵なことも多いからさ」


明日も、頑張ります。

十代の頃によくCDを聴きました。
懐かしすぎますね。今でも聴きます。
というかやはり年代あがると昔の曲しか聴かなくなりますね。


2013年9月13日(金)追記

飲み会的イベントは、ただただ楽しい。
特に集団で開催するイベントは、みんなの意志が確認できてとても共有できてよい。

そう、集団行動は精神衛生上とてもよいのだ。


普段過ごしているコミュニティーでの集まりは、とても貴重な経験となる。
その時はちょっと面倒だなと思っても、参加したくても参加出来ない状況もいつか来るし。

時間と経験はとにかく財産になる。

忘年会の案内は、例文あると確かに書きやすい。(なぜこんな記事タイトルなんだろう?)
しかし、本当に大切なのは真心だ。

同じコミュニティーでその瞬間を共有し、前向きな気持ちで明日に臨んでいく。
この瞬間は、何物にも代えがたい財産。

それをきちんと理解して、忘年会にいきましょう。
忘年会は戦場です。でも、きっとみんなが勝利できる敗者のいない戦場なのです。

Sponsored Link



コメントを残す

園山恭平メルマガストーリーを作りました。

けっこう大作です。是非クリックして確認してみてください。
園山恭平メルマガ
こちらから

関連記事一覧

僕の業務上の無料プレゼント!


サブコンテンツ

このページの先頭へ