ワードプレスマルチサイト機能一括解除に失敗!手作業でやるしかないか?

複数のWordPress(ワードプレス)サイトを運営していると、
レンタルサーバーによってはデータベースが1つしか使えないものがあり、
(Wordpressひとつインストールするのに、1つのデータベースMysqlが必要)
僕はさくらインターネットの価格安いサーバーだったので、マルチサイトで運営していました。

しかし、
さすがに7サイトをマルチサイトで運営するのは無理があり、動作が激重。

遂にレンタルサーバー引っ越しとマルチサイト化を解除して、
それぞれMysqlを設定していくことにしたのですが…

前回記事:ワードプレスマルチサイト機能を解除してみる。今から恐ろしいことを…

現実は厳しい

WEB上にある記事を参考にしながらWordpressのマルチサイト化解除を実行。
Sponsored Link

しかし、マルチサイトの解除に失敗。

挙句、画像の名前が変わっちゃったのか、
リンクが外れちゃってメチャクチャになってしまった…
(よくよく考えれば、当然の結果でもありますが)

さくらインターネットサーバー

さくらインターネットはコストパフォーマンスに優れたよいサービスですが、
今回ばかりはヘルプにお願いしました。
(その後、低価格帯のコースでもMysqlの利用数がさくらでも追加されました。)


(~o~)涙

今後の展開としては、
明日、さくらサーバーに電話で聞いてみます。

(T_T)どーん

ワードプレスの機能利用は計画的に!

当然ながらできればこのような
ワードプレスのマルチサイト機能などは、あとから変更しない方がいいに決まっている。

パーマリンク設定とかも全部変わってくるし、画像リンクやそれぞれのURL設定など
細かく全て再度設定しないとうまく機能しない場合が多い。

まぁ、作りながら修正していく方法もあるけど、
やる時に一気にやっちゃった方がいいから
頑張って引っ越し作業しちゃった方が現実的には効率的だ。

危険な作業は基本は手作業

莫大なコンテンツ量があるサイトなどは、手作業での引っ越しとか再設定は、
ものすごーく大変。

でも、やるしかなくなる。
これがつらい。

今回のサーバー引っ越しにともなうワードプレスマルチサイト化解除も、
基本的には手作業でやるしかなくなってしまった。

Mysqlとかいじりながら引っ越しすることも不可能ではなかったが、
まだコンテンツ量が手作業に耐えうる?量だったこともあり、その後僕は地獄をみる…
(一週間寝ずに頑張りました。何度気絶したことか…)


やっぱり、ワードプレスのご利用は計画的に!


まとめ

とにかくこういう時にレンタルサーバーのサポートデスクは頼りになる。
とにかく、電話したりメールしたりして聞いてみることにより、少しは前に進む。

できれば一括引っ越しを、手作業でもなんとか頑張ってやるしかない。

(つづく)


次の記事はこちらから

Sponsored Link



コメントを残す

園山恭平メルマガストーリーを作りました。

けっこう大作です。是非クリックして確認してみてください。
園山恭平メルマガ
こちらから

関連記事一覧

僕の業務上の無料プレゼント!


サブコンテンツ

このページの先頭へ