サイフォンスCyfons新世界スクールシステム特典が発売

今回はネットビジネスの話です。
新世界アフィリエイトの実践用商材として
「サイフォンスCyfons新世界スクールシステム」という商材が発売になります。

こちらの商材ですが、
メルマガ発行スタンドからメンバーサイト作成管理ツールまでが複合されており、
ネットビジネスだったり会員サイト作成系の小規模ビジネスが全て出来てしまう優れものです。

新世界スクールサイフォンス

新世界アフィリエイトのノウハウが全て詰まった総合システムなので、
実践しながら概念が学べる商材として有意義な商材だと思います。

Sponsored Link

そもそも新世界アフィリエイトは、
僕がネットビジネスを始めた当初に初めて購入した教材です。

当時は販売者が新田祐士(みんてぃあ)さんとだいぽん(濱田大輔)さんの二人で
共同販売者だったので不思議とスムーズにそれぞれのコンテンツに入っていけました。

新世界アフィリエイトと園山恭平

新世界アフィリエイトを教材として手にした時の僕は、
まだネットビジネスをはじめたばかりでそんなに業界のことを理解できていませんでした。
(2014年現在はかなりの部分を網羅できるようになりました)

そんな時に見た新世界アフィリエイトのコンテンツは、
かなりディープな感じの印象で
実際にどのような実践方法でこのノウハウを再現したらいいのかが
すぐにはわからない状態でした。

しかし、
SEO手法などをどんどん学んでサイトアフィリエイトなどで実績を積み、
自分のメインサイト自体もSEOで集客できるようになったら、
新世界アフィリエイトで解説されているノウハウが
どんどんリアリティあるものに映り
自身の情報発信ビジネスに応用していきました。

そうこうしているうちに気が付いたら
情報発信ビジネスでも実績をあげることができました。

新世界アフィリエイトで解説されている手法は、
抽象的ではありますが継続的に利用できる普遍性あるノウハウです。

実例として挙げられるものもわかりやすく、
あとはどうやって自分の実践に落とし込んでいくかがポイントです。
それが実現できれば、成果はかなり期待できるところです。

充分に理解する価値があるコンテンツです。

そして新田祐士(みんてぃあ)氏によって今後もコンテンツは配信し続けられるようです。

つまり一度買いきりで継続してネットビジネスの最前線が学べる教材なのです。


サイフォンスCyfons新世界スクールシステムの発売

2013年秋頃に新世界アフィリエイト購入者限定で
「新世界スクールシステムCyfons」が販売されました。

販売期間限定でのものでしたがワードプレステンプレートのSINKAが提供されたり、
新世界アフィリエイトのノウハウがそのまま実践できる仕組みで注目は高かったです。

そして2014年5月下旬にサイフォンスCyfonsは一般発売されます。

サイフォンス機能


機能面ではかなりの大掛かりなネットビジネス商材ですが、
会員管理ツールや会員サイト作成ツールなどもあることから
ネットビジネス以外にも多様な利用方法ができると想定します。

ファンクラブ運営だったりサークル活動などの会員管理だったり。

ある程度の小規模コミュニティ管理ツールとしては
なかなか実用的かと思います。


サイフォンス購入者特典を

このサイフォンスCyfons新世界スクールシステムですが、
詳しい情報は、特化型情報サイトのほうが詳しく掲載されているので
そちらを参照していただければと思います。

元々がネットビジネス用の総合システムなので、
アフィリエイターが紹介していく商材となるので
購入者特典を受け取れる場合があります。

ただ単に購入するだけではなく、
新しいビジネスモデルの構築方法などを学べる機会でもあります。

紹介していくアフィリエイターは
ネットビジネスで大きく成果を出している場合が多いです。
(成果を出しているアフィリエイターから購入すべきです)

サイフォンスCyfons新世界スクールシステムの特典内容などは、
また色々なカタチで情報を提供できればいいかなと思っています。


今後このようなネットビジネスのパッケージシステムは
どのような商材がどのような形でリリースされていくか未定ですが、
サイフォンス新世界スクールシステムは
新世界アフィリエイトの実践編というテーマがあるので
わかりやすく利用できると思います。


これからネットビジネスを始めてみたいけど、
もしくは情報発信ビジネスをやりだしている方などに、
まず全体像を理解する為に利用してみるのもいいかなと思います。


以下の記事でもCyfons新世界スクールシステムのことを記載しています。

参照:Cyfonsサイフォンス新世界スクールシステム解説

こういったツールを利用していくと実践の全体像を
先に理解できるのでいいかもしれないですね。

Sponsored Link



コメントを残す

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ