健康診断は会社の義務なのか?従業員もつらいよ。

昨晩、気がついたら寝てしまって朝。
ひどい後悔とともに目覚めるが、仕方ない…。

だって現実。

で、朝のお勤め後、今日は健康診断なので秋葉原へ急ぐ。
・・・
とにかくいそいで秋葉原に行き、健康診断を受ける。

秋葉原の電車

進路は秋葉原へ・・・

定番のバリウム飲んで胃の検査も当然あり。

ボクはかつて、
バリウムがなかなか体外に出なくて、とても苦しんだことがある。
(~o~)泣ける~~

そして、
胃に突起物があるみたいで、よく再検査を受けさせられる。
かつて、胃カメラ検査うけたこともあったさ。


とか何とかしてたら、健康診断も終了。

秋葉原会合では久しぶりに以前の職場の同僚でもあった林くんにも会った。
なんでも横浜の実家に引っ越すそう。
まぁ、実家かえるっていっても横浜だと何かカッチョいいですね。

Sponsored Link

ボクは島根県が実家なんですよ。なんでまぁ普通に地方出身者な感じなので。


板橋区で生きる

そして健康診断終了後、いつもの板橋区某所へ。

なんだかんだで今日も終わる。

夜は、作業の鬼になる予定。
だったんだけど…

少し横になったら、寝ちゃってしまった…
いつもなら2時間で起きるんだが、2日連続で朝まで寝。
なぜ??

(~o~)ん~


みのもんたライフは、大変ですね。


健康診断は会社の義務?従業員の権利?

法人企業になると、従業員に健康診断を定期的に受けさせるのが義務化されている。

参照:健康診断って国で義務付けされている。

なので、当然ながら僕のような従業員(このブログ書いた当時は勤め仕事していた)も、
一年に一度の健康診断を受けている。

まぁこの健康診断の経費も会社が負担してくれているので、
こちらとしては体の健康チェックをする良い機会と思えば幸いだ。

しかし、大体みんな何かが引っかかることしばしば。
(僕は胃がひっかかる。実際に胃がわるい。)


健康診断を従業員に受けさせることは、上記のYahoo!知恵袋をみてもわかる。
就業時に健康診断(僕は派遣社員で実費負担で受けましたよ。)、年一回の健康診断。
これが国で制定されている。

数人程度のベンチャー企業だとこの健康診断負担ですらも意外と気になる。
会社の経費で一人数万円(1万円強くらい?)の健康診断を、就業時間に実施するわけだ。

企業としては結構負担だよな。
でも従業員の健康を守りながら、しっかりと継続して修行させる為の施策としては重宝できる。


僕のような毎日をみのもんたライフで生活していると、
そりゃ~、体も疲れるしそのうちどっかおかしくなるような気もする。

そして、メタ簿リックシンドロームのネットビジネス版といえる
アフィリエイトシンドローム」にかかってしまう。

デスクワークのやりすぎと、昼夜逆転生活(もしくはただ単に寝ない生活)の為だ。

まぁきちんと運動しているとそんなふうにもならないけど・・・
アフィリエイトシンドロームはアフィリエイターの職業病といえるな。こりゃ。


従業員として

正直、会社組織の中で集団で何かを実行していくのは、
精神衛生上とても良いと思う。

これを書いている2013年12月6日現在僕は勤め仕事をしていないのですが、
やはり多人数の中でみんなで情報を共有して、適度に体を動かしながら何かをすると
精神的にも気が晴れていく。

これは結構毎日の生活の中で大切だと思う。

どうしたって個人でひとりでパソコン打ち続ける仕事だったり、
延々と単純作業を継続していく仕事(内職とか)だったりは、
飽きるし、だれるし、内容以上に精神的に辛い。


集団行動することは、特に細かい神経を使わない時だとしても
ある一定の進路へ自動的に向かうことがほとんどなので、
まぁ、精神的には楽だ。

当然ブラック企業みたいな苦しい従業員の悩みも存在するけど、
そこは大なり小なりどこでもあるものだし。


集団と個人、それぞれの位置が違うのでそれぞれの自覚で運営していくしかないが、
やはり従業員だからこその利点も多いに活かして生活していくべきだと思います。

Sponsored Link



コメントを残す

園山恭平メルマガストーリーを作りました。

けっこう大作です。是非クリックして確認してみてください。
園山恭平メルマガ
こちらから

関連記事一覧

僕の業務上の無料プレゼント!


サブコンテンツ

このページの先頭へ