元ちとせ歌い方こぶしが好き嫌い?・・・離婚しないで!

今日のいきものがかりです。

元ちとせ特集です。
まぁ、今まで結構のっけてきたけど。

長渕剛好きで、中島みゆき好きで、森田童子好きで、
森山直太朗も好きで、大江千里も好きで、

なので当然元ちとせも好きになったんだけど・・・


元ちとせさんはしっとりしてるのが好きですね。


元ちとせ

ボクと元ちとせの出会いは、唐突でした…
Sponsored Link

2002年にメジャー・デビューシングル「ワダツミの木」がイキナリチャート1位で、
びっくりして聴く。

当時の僕は某レコードレーベルで働いていたので、チャートにビンカンだったんです。

最初は「これは、かなり本格的なシンガーなのかなぁ・・・」という神秘的な印象でした。

そして、
今はなき下北レコファンで元ちとせのインディー盤もゲットし、聴く。
けっこう好きな感じ。
レピッシュの上田現さんが曲書いてんのか。


フジロックでもの元ちとせが衝撃的だった

で、FUJI ROCK2002年に行った時。
与田(DJ YODA)さんと一緒に苗場プリンスに泊まっていたボクは、
朝食バイキングに向かうエレベーターで、元ちとせといっしょになる。

与田さんが

「さっきの元ちとせだったね」

と、教えてくれた。
!!

気づかなかった。でも、すぐ近くの席で確認。まぁ普通の人。そりゃそうだが。
僕は有名人とかいてもいつも全然気づかないようです。

で、
フィールドオブヘブンでの元ちとせのライブ見に行った。
さすがにイキナリチャート1位になったばかりで、入場規制中。
ボクは入れたが。

この時、フロアから見ていたわけだ。

ステージは、アコースティック。
「ハイヌミカゼ」が印象深い。

が、それ以上にオーディエンスがうちわとか持ってて、かなりアイドルノリな煽り方。
かなり前もって思っていたイメージとオーディエンスの反応(一部だが目立ってた)の
ギャップが大きいときに、かなりの衝撃を受けた。

やっぱりメディアだけでいきなり見ると、ビックリすることもあるな。
事件は現場で起こっている。


その後の元ちとせ

その後、ボクは元ちとせの新譜をチェックはしているが、
特別な接点はないし、印象深いことも少ない。

上田現さんが亡くなられた時に、
元ちとせが葬儀か何かでワダツミの木歌ったニュース聞いて、
あ~、って思ったな。
それくらいかな。

今、結婚して奄美の実家に戻ってるそうな。
で、仕事の度に状況する生活とのこと。
デビュー前にはHMV数寄屋橋店でアルバイトしてたそう。
wikipediaより)

やっぱり、時間は流れるなぁ…

【送料無料】ハナダイロ [ 元ちとせ ]

【送料無料】ハナダイロ [ 元ちとせ ]
価格:3,024円(税込、送料別)



そして、元ちとせの歌い方はどう?こぶしが好きか嫌いかで

ネット上でたびたび話題になるのは、元ちとせのこぶしの入った歌い方が
好きか嫌いかだ。

参照:元ちとせの歌い方検索

元ちとせノマドソウル


ここは、もぅ好みだろー・・・ っていうと終わっちゃうので解説します。

やはり歌手には個性が必要で、奄美大島に生まれて地元に密着した文化にふれてきたので
それを歌でも出していくのは当然の手法です。

そこには好みも別れるんですが、
逆に好みが別れるような濃いものだからこそ、熱心に好きになる人も現れるのです。

普通の、薄いものって、あまり印象に残らないものです。
濃いものって、濃いメッセージ性が隠されているのです。

なので、自然とそこに反応する層が集まる。
その歌い方が嫌いな人は、単にそのメッセージ性がピンと来ない人です。

でも、
そんな人も別の違ったメッセージを受け取り、そこに共感するものもあるはずです。
人間も様々なので、それぞれの受け取り方があっていいと思いますよ。


特殊芸能に生きる人って、人から注目されて生きていきます。
それは一生ついてまわります。

なので、その負担に周囲も協力が必要になるんですね。
タレントやアイドル、結婚しても離婚が多いのは、
いわゆるそういった有名税に負けちゃうんです。

元ちとせさんは、故郷奄美大島にかえって子育てしながら
音楽活動ある時にはその度に移動されているようです。

故郷奄美に戻られたスタンスは、とても素敵だと思います。


是非離婚されずに、ご自身の活動を無理なく継続していってほしいですね。

そんな感じですね。

Sponsored Link



One Response to “元ちとせ歌い方こぶしが好き嫌い?・・・離婚しないで!”

  1. 園山恭平 より:

    最近元ちとせの「青のレクイエム」よく聴きます。
    宮崎あおいが浮かびます。

コメントを残す

園山恭平メルマガストーリーを作りました。

けっこう大作です。是非クリックして確認してみてください。
園山恭平メルマガ
こちらから

関連記事一覧

僕の業務上の無料プレゼント!


サブコンテンツ

このページの先頭へ