ブラック企業とは…

ブラック企業とは、
日本の企業で従業員に対して過酷な労働条件や無報酬のサービス残業などを
暗黙のうちに強要している、とされる企業を指す言葉である。

パワーハラスメントや偽装請負、派遣差別などで問題視される企業のことも指す。

Sponsored Link

広義には、入社をあまり勧められない労働搾取企業を指す。
英語圏では一般的にスウェットショップ(英: Sweatshop)と呼ばれている他、
中国語圏では血汗工場(中: 血汗工廠)とも呼ばれる。
wikipediaより


ブラック企業イラスト

見えない脅迫概念はかなり厳しいものがあります。

特に日本では、
企業や団体に従事して労働することが美しいとされており(不労所得的な業務と比べ)、
基本的には(不条理でも)どんどん労働することを推奨されている節があるため
知らないうちにブラック企業のパワハラ的労働に組み込まれていることが多い。

肉体的な部分もだが、暗黙の強制労働的な就労過程の中で精神的不健康を引き起こす場合が多い。

近年では、例年行われているブラック企業大賞などが注目されており、
企業側にも改善が厳しく求められ風潮が強くなっている。

ブラック企業

ブラック企業とは完全に定着したキーワードとなりました。


ブラック企業 使い方例

「一ヶ月、職場で泊り込みで仕事していたよ…」
ブラック企業だね(笑)」
(現実によくある出版編集会社の例)

「いやー、昨日出社したら突然会社がなくなってて、怖い人達が事務所にいるんだよね。」
ブラック企業だね(笑)」
(零細中小企業にたまにある光景)

などなど…
ここであげた例は、あくまでもキャッチーな感じで使う例です。


ブラック企業 使用上の注意点

個人的には、ブラック企業という概念はいかがなものかと思っています。
もちろん労働条件下を改善していくことは必須なのですが、
特定企業をブラック企業と名指して報道していくのは、その時点で就労している従業員の皆さんにも
一生懸命経営している経営者にも失礼です。

人は、いつだってそれぞれの一生懸命で生きています。
なので、基本的にはキャッチーな前向きな意味で使うことを推奨します。

ブラック企業とされる企業での、労働条件下における事故は多数報道などにもありますが、
それひとつをとってすべてを語るべきではないと思います。
現実的な部分は、ブラック企業とされる企業の現場で同じ経験(労働)を
してみないとわからないからです。


同義語・関連用語

ブラック企業大賞→例年行われている有識者によるブラック企業のコンテスト

注意用語

みのもんたライフ⇒平均睡眠時間3時間前後で常にオンでいるライフスタイル
みのもんたシンドローム⇒みのもんた氏に憧れるあまり、不眠症になること。

上記用語は、オンな時間が長いことがブラック企業と近いですが、
あくまでも対象物が違うのでご注意下さい。

Sponsored Link



One Response to “ブラック企業とは…”

  1. 園山恭平 より:

    ブラック企業の定義って難しいですね。
    人それぞれの考え方で変わっていきます。

    雇用されていることって、守られていることにもなりますからね。

コメントを残す

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ