食の暴力(しょくのぼうりょく)とは?意味と使い方解説

最近良く聞かれるキーワードで「食の暴力(しょくのぼうりょく)」というものがあります。
これはなんだ?ということで解説していきます。

こんな暴力なら楽だろう?なんて生ぬるいものじゃないです。
食の暴力は、過酷な選ばれしものだけに与えられる試練なのです。

食の暴力

こちらの画像はかわいいお鍋画像ですが、
本当は男が成長していく上で避けては通れ無い道なのです。


食の暴力(しょくのぼうりょく)とは?

食の暴力(しょくのぼうりょく)とは、既に満腹状態であるにも関わらず
使命感を持って更に食事を(大量に)摂取していくフードファイタースピリッツを指します。

  • たとえ満腹感で苦しい状態だとしても、
  • ダイエット中で食べることを制限していたとしても、
  • 食べ合わせが明らかに悪いものだったとしても、
  • (例:チョコレートとご飯など)

食事を完了させるという使命感のもと、完食する為の行為を指します。
Sponsored Link

日常的なアクションとしての意味と、食事をしている様子をさした形容詞としてと
両方の部分から使われることが多いです。


「食の暴力」使い方例

こちらでは個人的に適切と思われる「食の暴力」という言葉の使い方例を解説します。

  • 「今日飲み会でもぅ超限界だけど、メーラン大盛りで食の暴力だ!!」
  • (飲み会終わりのしめのラーメン屋向かう途中などで)

  • 「やっべー!先週から食の暴力のし過ぎで5kg太っちゃった!明日軽量なのに!!」
  • (試合前のボクサーなどによくみられる光景)

  • 「先生、矢吹くんが力石くんに食の暴力しています!」
  • (小学校の給食時などに、無理やりマーガリンご飯に挿入などして)
などなど・・・。

教育上不適切な表現も含みますので、使用にはくれぐれも注意してください。
「暴力」というキーワードを含みますが、当サイトはピースフルな信条で運営しております。

ラーメン二郎桜台

ラーメン二郎桜台店 ラーメン小野菜増し
二郎でラーメン大、にんにく増しまし(チョモランマでも)、野菜増しましいくのは、
充分に食の暴力だと思います。
かなり過酷ですね。


同義語・関連用語

  • 食べ放題
  • 食べ放題の店舗に行くと、必ずと言っていいほど有志の間で「食の暴力」が行われる。
    こうして漢たちはつよくなっていくのである。

  • 食道楽
  • 上級な漢になると食の暴力による修行的な部分だけでなく、
    優雅に食事を楽しむ食道楽が行われるようになる。

    量より質、質より量、どちらを選択していくかでその漢(おとこ)の人生の選択とも言えるでしょう。

  • すたみな太郎
  • 伝説の(現存します)食べ放題チェーン店。
    焼き肉から寿司からデザート、カレーまで全てが食べ放題のまさに食の暴力。
    僕も何度も訪問し、何度も打ち負かされてきました。
    男であれば必ず一度は挑戦しておきたい店舗です。

Sponsored Link



4 Responses to “食の暴力(しょくのぼうりょく)とは?意味と使い方解説”

  1. SK より:

    園山さん
    こんにちは、SKと申します。

    いつも記事拝見させていただいております、
    ありがとうございます。

    食の暴力は、過酷な選ばれしものだけに与えられる試練なのです。

    という一文が印象に残りました。

    なるほど、一理あるなと。

    ランキング応援させていただきました。

    今後とも宜しくお願いします。

    SK

    • 園山恭平 より:

      SKさん、コメントご丁寧にありがとうございます!

      理由なき食の暴力はよくないですが、男ってやつは立ち向かわねばならない時もありますからね!

  2. 「たった3分間で読める!いちばんやさしい恋愛心理学」管理人のオレンジみかんです♪
    参考になりました!
    ありがとうございます。
    ブログ村のバナーもホチッとクリックさせていただきました。
    これからも、読ませてくださいね。

    また、私のブログでは、今
    【好きな人が、あなたのことを好きか?嫌いか?】
    一瞬で見抜く方法を公開中です!

    もし、よかったら遊びにきてくださいね。


    http://orangemikan.com

コメントを残す

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ