みのもんた復帰的生き方で僕は限界に挑戦する鳥になります。

自分がみのもんただと錯覚した今日の朝。

いつのまにやら気がついたら今は夜。

悪夢のようなサーバー移転作業が終わり、
それでもボクの日常は変わりません。

で、今日は
新宿いってからの今、なんだかんだで上板橋庄屋にて。
新時代を予感するような現実を感じています。
(まぁ内容さっぱりわかんないと思いますが、気にしないでください)

みのもんたライフ


本日はじめて外出に持ち出したhp machineノートが、
結構タイピングのスペースおかしいことがわかり、意外に打ちづらい。

やっぱノートはVAIOだなぁ~、と今更。まぁいいけど。
慣れればいいし。

Sponsored Link

大人買いだよね、人生。(~o~)

つづく…

みのもんたライフが僕の生き方

朝寝て朝起きる「みのもんたライフ」
過酷すぎるよ、そんな生き方。

でもさ、
男にはそうまでしても一生懸命取り組んでいかなければならないことが多い。

毎日、朝起きて仕事をする(仕事に行く)
昼には昼食をぐったりしながらとる。
夜になって仕事が終わったら、なんかやることあればやり、やることなければ家路につく。

家に帰ったら、また朝まで何かをしていく。
当然基本的には仕事。


仕事・仕事・仕事
それが男の人生だから、だからこそ出来る限りやりがいや好きなことをしていきたい。

みのもんたライフとは、まさにその為に過酷だけど
進展するために新境地を目指して努力していく男のライフスタイルなんだ。


みのもんたも復帰目指して頑張っている

当サイトで度々とりあげているみのもんた氏だが、
次男の不祥事問題でご自身もレギュラー番組を降板されている。

なにもそこまで…

そう思う部分とやはり家族の連帯責任と思う部分と
世間の反応は両端になるだろう。

しかし、
みのもんたさんもただひっそりと
自宅謹慎だけしているわけではないだろう。

これからどうやって復活していこうかと考えているに違いない。
一日3時間しか寝ないと言われたみのもんた氏の今は、
復帰への道を探る新しい限界への挑戦なんだろう。


色々大変だけど頑張るしかないよ

そりゃ誰だって悩みもあるし、大変なことはみんな同じ。

金持ちには金持ちの悩みがあるし、アクセク毎日働くストレスも当然ある。
誰にだって悩みはあるんだよね。

「不労・片手間・放ったらかしで巨額の現金をゲットして、Noストレスな人生を!」


こういうキャッチフレーズで情報商材販売されてたり、無料オファーあったりするけど、
確かにこれは現実に起こりえる状況ではあるけど、最初からすぐには不可能。

血と汗と涙の結晶の上にたつものが、「不労・片手間・放ったらかし」なんだ。


僕もまだまだまだまだまだまだまだ、頑張りますよ。

Sponsored Link



コメントを残す

園山恭平メルマガストーリーを作りました。

けっこう大作です。是非クリックして確認してみてください。
園山恭平メルマガ
こちらから

関連記事一覧

僕の業務上の無料プレゼント!


サブコンテンツ

このページの先頭へ