WBC2013年野球試合速報見ると日本代表メンバーは苦戦してるようですが…

ボクは、けっこう野球が好きなんですが、
最近ではナイター中継みながらゆっくりビア、みたいなこともほぼなくなりました。

時間は、残酷です。

かつて、WBC第一回大会は、ものすごく盛り上がった記憶があります。
ボクは、ちょうど交通事故にあった直後くらいの時期だったので、
よく覚えています。

WBC第一回 まるで高校野球


2013年のWBC、初戦のブラジル戦を少しだけ見ました。
マーくん、打たれちゃいました。

で、

Sponsored Link

杉内投手が登板したくらいまで見ました。
個人的にタイムアップ。

でも、なんとか逆転勝ちしたみたい。


園山恭平は野球が好きです

実は結構野球が好き。(中学校の時は野球部でした。)

個人的には、毎日ビア&チップスで応援したいけれど、
そうもいっていられない現実もある。

心の中では、サムライ。
ジャパンはボクの一部です。

wbc侍ジャパン

WBCはプロ野球としてはとても盛り上がるシーンです。


メジャーリーグではWBCの意義が違うようだ

で、WBC、プロ野球選手からしたら、年俸と直接関係ない世界。
アメリカメジャーリーグだと、みんなお祭り的評価で、そんなに重視してないようです。

まぁ、オールスターゲームみたいなもんですから。


実際のところ、権威ある大会だとは思いますが、それぞれの中での立ち位置は違うでしょう。


それでも、国の名誉を背負って闘う姿勢、
お金じゃないところでの意義、
選ばれた名誉を全力でまっとうしようとする姿勢、
日本的な意義を感じます。

ボクは、素敵だと思います。


それぞれの人の中でのWBC。
辞退した選手もおられます。
だけど、それぞれの価値観の中で、それぞれのスタイルで大会に挑むことが
一番最適だと思います。


それぞれの姿勢、それぞれの意義。それぞれの価値観。

WBCで活躍した松坂大輔選手も、今色々な局面で苦しんでいます。

参照:松坂大輔投手の年俸推移とインディアンスとのマイナー契約→メッツ


野球は人生だ。3月は変化の月

個人的に、色々環境かわった3月。
今日も変化していくことに対する摩擦を感じる瞬間がありました。

まぁ、変化は時間とともに必然でやってきます。


変化は、必然。

だけど、変化は、常に進化でありたい。


何かが変わる時、たとえ自分にとっては
(自分の立場からみたら)ネガティブな要素だとしても、
その変化により、違う局面がポジティブになっている部分が必ずある。

ボクらは、それを常に意識して行動する必要がある。


実は、
変化することは、常に進化であるとも言えるし。

ポジティブな局面を見つけ、自分にとって進化にするか、
ネガティブな局面ばかり見つめ、そのまま変化にひきづられるか、


難しい部分もたくさんある。

気になっちゃうし、人間性はそう簡単にかえられない。


ただ、少しでも意識して、移り変わることを前向きに捉えてみよう。

きっと気持ちが楽になるはずだ。


けっこういつの間にか、気がついたら
そうやってきたな。

森山直太朗 – 生きとし生ける物へ
(好きな曲)

そんな感じですね。

Sponsored Link



コメントを残す

園山恭平メルマガストーリーを作りました。

けっこう大作です。是非クリックして確認してみてください。
園山恭平メルマガ
こちらから

関連記事一覧

僕の業務上の無料プレゼント!


サブコンテンツ

このページの先頭へ