年末のご挨拶ブログとメールの個人的文例で園山恭平

気がついたら大晦日です。
一年もあっと言う間だし、とにかく時間が早い。

まだ12月が始まったばかりの感覚なんですが、年の瀬になってしまいました。

園山恭平年末

最近ほとんど電車にのってないですが、それでも駅にいると師走を感じます。

気がついたらこのブログも12月は新記事更新がなかったので、
大晦日に今年を振り返りつつ書いていきたいと思います。

Sponsored Link

2013年の園山恭平出来事

なんだかんだで2013年も延々とみのもんたライフの日々でした。
限界まで頑張って燃え尽きたら眠り(もしくはちょちょっと深夜ヒトリワタミ)、
そして、また起きて作業を継続していく。

この繰り返しの一年間でした。

しかし、作成したコンテンツやWEBサイトはどんどんと今後の財産になっていくので
ただ毎日の修行僧的日々は当然無駄ではないし今後の糧となっていくわけです。


2013年の出来事を少しだけ振り返ります。



などなど…

年末のご挨拶ブログ

いやいやなんだかんだで時間が早いです。
本当にやることに追われていると、時間が限りなく少ないですね。

やるべきことの優先順位を
自分の中で再確認してやっていくしか無いなと思っています。

練馬区と板橋区にほとんどを捧げた2013年でしたが、
2014年はもう少しエリアを広げたいと思います。
というか、練馬区の中心部に引っ越すので板橋区から離れてしまいますが…

また板橋区にも訪問する回数を増やせるように、
普段のやるべきことを片付けていきます。

皆さん、いつもありがとうございます。


年始の挨拶メールは特にしないので文例を

年賀状を出す文化は素晴らしい日本のものですが、
やはり例年どんどんと僕も送る枚数が減っています。
(というか、殆どありません。)

2014年からは「男っていう職業には休日はない」という概念からも
新年のご挨拶メールすらも省略していきたいと思います。


そういえば僕は皆が遊んでいる時(長期休暇時のハイシーズンなど)に、
いつだって働いて生きてきました。


それが僕のスタイルだからです。
みんなが休息している時に休日の時に労働していくことに
僕は充実感と存在意義を感じています。

だからこそ、ここまでやれてきた。


年末のご挨拶文例などは、定型文は僕は省略させていただきます。

もしこの記事を読んで「年末のご挨拶文例」などを探されている場合は、
以下のサイト記事がよいのでご紹介しておきます。

参照:年末年始の挨拶メール術


それでは引き続き宜しくお願い致します!

Sponsored Link



One Response to “年末のご挨拶ブログとメールの個人的文例で園山恭平”

  1. 園山恭平 より:

    時間ははやいです。

    2014年も2月になっちゃいました。
    このブログも更新していきます。

    頑張ります。

コメントを残す

園山恭平メルマガストーリーを作りました。

けっこう大作です。是非クリックして確認してみてください。
園山恭平メルマガ
こちらから

関連記事一覧

僕の業務上の無料プレゼント!


サブコンテンツ

このページの先頭へ