ニューロティカよりシズヲ君が脱退

今日も今日とてみのもんたライフを実践しつつ、朝。

それでも、朝のお勤め後、しば~しの休息。
ホントは休息しないテンションだったが、また少しでも寝ておかないと、
後で寝ちゃうから。

で、

Sponsored Link

午後は板橋区某所へ。
いつもながら一生懸命頑張りました。

夜は会合のお誘いもありましたが、諸事情により別件へ。

小田島哲さんが再び入院中

WORMS’MEATの初期メンバーでもある小田島さんが、また体調崩して入院してるみたい。
ホントに死にそうだったみたいで、ガチで心配です。

こないだ入院した時に、内野さんと、

「マジで死ぬかもしれない、って思ってお見舞い行ったよ」

って内野さん言ってたから、再入院はホントに心配です。

参照:入院中の暇つぶしには読書か瞑想を…小田島哲さんへ

入院しまくりですね。大丈夫でしょうか??

小田島さんも結構いい年(四十代半ば)だし、無茶しまくり人生なので、
家族の為にも元気になってほしいです。


その後、復帰された小田島さんが遂にfacebookを開始されました。
参照:小田島哲さんのfacebook

激ヤバイです。


ニューロティカからギターシズヲ君が脱退

あと、ニューロティカからシズヲさんが脱退されたそうです。

ニューロティカには、WORMS’MEATのバンドでもタイバンなどでお世話になってたり、
UKP時代にもMASAMIさんVAなどで個人的にもお世話になった。

なにかとゆかりがある大ベテランバンドなんだけど、
脱退されるシズヲさんはニューロティカで17年活動されていたそうです。

考えてみればニューロティカ自体も相当な年数活動されている。

僕が島根県いるからヤラれてるわけだし。
バンドブームから今まで駆け抜けてこられたわけだ。ゴイスー。

参照:ニューロティカwikipedia
(1984年結成とのこと。阪神タイガースが日本一になる前の年です。)

凄いな。来年結成30周年だ。


まぁ、そんな中でもそれぞれの事情もあるわけで。
なかなか継続していくのは大変なことが多いのも知っています。

「やりきるしかないが」「でもやめることによりこの部分が変わる」


苦労人バンドマン(K-ROCK)はいつだって戦っているわけだ。

毎日と。活動と。生き様と。

長い間、本当にお疲れ様でした。

ニューロティカ

ニューロティカは継続することでも大切なメッセージを伝えてくれます。

バンドマンはつらいよ

元々バンドマンは夢を食って生きています。(死語)

なので、なかなか収入に結びつかないことが圧倒的に多い。

参照:バンドマン生活での収入厳しい現実と兼業活動推奨話
(いかにして働きながらバンド活動を継続するかが今後のテーマか…)


以前のようにバンドがメジャーデビューして人気出て、
スターになってウハウハ!!


みたいなことが結構現実的でなくなってきた昨今では、
バイトやりながら、働きながらバンド活動を続けるようになってきてるわけだけど、
経済的に厳しいことを理解したうえで続けていくのは結構大変。

それでも楽しんでやり続けられる環境にある人だけが継続できるのか。

それも選ばれた人ってことなんだろう。

なかなか大変だ。


まぁ、そんな感じですよ。

Sponsored Link



One Response to “ニューロティカよりシズヲ君が脱退”

  1. 園山恭平 より:

    いつもお世話になってます!
    あっちゃんはカリスマすぎますね!!

コメントを残す

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ