せどりエイターとは?評判とやり方せどらーブログを解説

せどりという言葉をご存じでしょうか?

せどりとはwikipediaにも百科事典にも説明がある言葉で、
「同業者の中間に立って商品をを転売してその手数料を取ること」を指します。

中古リサイクルショップやフリーマーケットなどで安く仕入れてきた商品を
インターネット上で適性価格で転売することを「せどり」と呼んでいます。

ヤフオクとかが気軽に個人で利用できるようになった頃から、
どんどん参入者が増えていき現在は様々な手法があり
しっかりと効率よく実践すればそれだけで生活できるくらいの収入になるものです。

せどり

せどりは単純作業の繰り返しで利益をあげていくものなので、
再現性が高く頑張って実践すれば報酬あがりやすいビジネス手法です。

Sponsored Link

僕園山恭平自身はネットビジネス実践して生活しており、
WEBサイトメルマガを利用したアフィリエイト手法を実践していて
せどりはやってないのですが、その再現性高さはよく聞くところです。

僕の業務上のつながりの方でもたくさんのせどり実践者の方がおられ、
プロセドラ―と呼ばれるせどりを職業にしておられる方も多数おられます。

せどりは商品在庫を販売していきながら利益をだしていくので、
月収いくらと分かりにくい部分もありますが、
月50万円程度の収入なら頑張ってやり方を覚えれば到達できるそうです。
(現金貯蓄がせどりの在庫になってしまうので現金収入計算難しいそう)

せどりの種類とせどらーの評判

せどりという言葉自体が元々「古書」「古本」を扱う用語だったこともあり、
せどりを実践する際のメイン商品は「古本」の場合が多いです。

仕入先はブックオフが主戦場。

それ以外でもハードオフ等の古本を100円セールなどやっている
中古リサイクルショップは仕入れ先として活用されています。

せどりの種類は古本以外にも多々あります。

  • CDせどり
  • DVDせどり
  • ゲームせどり
  • 家電せどり
  • おもちゃホビーせどり
等など扱う商品種類も多数ありますし、
実際に店頭に訪問して購入していく仕入れ方法以外でも
電脳せどりと呼ばれるインターネット上で仕入れて
そのままヤフオクやアマゾンなどで販売する店頭来店無しの手法もあります。
(通販で自宅に直送されたものをアマゾンのFBI倉庫に送ります)

ブックオフ等にいった時に、
バーコードリーダーを持って商品スキャンしていたり
iPhoneアプリで商品チェックしていたりする人がいれば、
その方はほぼせどり実践者(せどらー)と言えるでしょう。

せどり男


ブックオフなどでの店舗側は商品を
転売目的で購入されるのを基本的にはあまり好しとしていません。
(違法ではないですが営利目的での購入は印象良くない)

せどり実践者(せどらー)の評判はブックオフからはあんまりなようです。

自社で販売している商品をエンドユーザーに届けていきたい意識は当然で、
中間業者が購入していくのはダメじゃないですが印象悪いわけです。

日本の一般的な感覚では「あからさまな商用行為が嫌われる」傾向にあると思います。
特に個人が大きく稼いでいたり屋号持たずに商売するのに
抵抗感を感じる場合が多い国民性だと思います。

会社組織だったらよくて、個人だとえげつなく感じられる場合が多いです。
お店として営業しているとよくて、店舗ない個人だと安くして当然的な風潮もあります。


汗水たらして働いてその日の日銭を稼いで家路につく…
そんな感じの勤労意識が日本人には根強く有るんだと思います。
(実際のところ僕自身も汗水たらす思考に一票入れてる感じです。)

なので、
民間の一般的な商店であるブックオフなどでせどりをしている実践者は、
お客さんからも店舗からも評判があまりよくないことが多いです。

しかし販売者としてのせどり実践者(せどらー)は、
市場に無い商品や品薄商品をインターネット通販に提供しているので、
充分に商業流通に貢献していて価値を産んでいると思います。

だからこそ実際に稼げるわけですね。

せどりの限界とせどりエイター

そういった稼げるせどりなんですが、
「実際にどうやったら稼げるか」という部分はシンプルです。

  • せどりで成果を出す流れを理解する
  • 利益が出やすい(売れやすい)商品を覚える
  • 効率的なせどり実践フローを突き詰めていく
  • とにかくガッツでやりまくる
これがせどりで成果を出す方法の流れです。

商品を覚えてそれを見つけて仕入れていき、
ヤフオクやアマゾンで販売しまくっていく。
これを莫大な量こなしていくだけですね。

まぁこのサイトは園山恭平記-男の道-なので、
せどりで稼ぐ方法は別の情報でみてもらうとして、
園山恭平自身が思うせどりに関してを書いていきたいと思います。


このようにせどりは副業としても自営業でやるとしても、
ガッツで作業しまくるだけである程度の成果が期待できるので、
なかなか実践してみる価値のあるビジネスモデルと思います。
(売れ筋商品をしっかりと見極めれば売れていく)

しかし、そんなせどりにも限界はあります。

やれば確かに成果はでますが、
やり続けていかないとやめてしまうと利益がなくなるのです。
ようは延々自転車操業ですね。

せどりエイター


仕入れにいき、自宅でアマゾンやヤフオクに商品登録をして
注文がきた商品を発送し続けていく。
この作業を延々繰り返しますが、なかなかずっと続けていくのは大変です。

体力勝負でガッツ勝負です。

そこで登場してきたのがせどりエイターです。

せどりを基本的な手法として情報発信していくビジネスモデルの呼び名です。

せどりエイターとは?

せどりエイターとは「せどりのやり方を教えて稼ぐ情報発信ビジネス」の呼び名です。

「せどりエイター養成講座」という情報商材も販売されていたことがあり、
せどりを実績としてせどりのノウハウを教えるメルマガアフィリエイト実践者が
ネットビジネス業界に多数あらわれています。

メルマガアフィリエイトを実践していけば、
せどりのように仕入れに行く手間も減りインターネットのレバレッジを活かして
少ない労力で大きな報酬を稼ぐことができるので、
多くのリアルせどらーはせどりエイターになるべく情報発信に移行しているようです。

実際のところ、
せどり自体は再現性高くやり方覚えて実践すれば成果でやすいので、
せどりを入り口としてネットビジネス情報発信していくのは有効です。

10万円稼げるノウハウを身につけていれば、
そのノウハウを広く公開していくことで10万円稼ぎたい属性を集客できます。

そして有料でノウハウを販売する企画を開催してみたり、
せどりのサポートやコンサルティングをしていくことで
作業量をせどらー時代より抑えて大きく報酬成果を伸ばすことが可能になります。

せどりエイターブログの作りかた

このようなせどりのやり方を情報発信していくせどりエイターは、
それまではブックオフ等で仕入れしての転売作業をしていたのですが、
WEBサイトをつくってブログをつくって公開していき、
無料レポート等を作成してメルマガ集客していったりします。

ガラッとやることが変わってくるのでなかなか最初は戸惑うことが多いようです。

最初はWordPressなどを利用したせどりエイターブログを作るのが多いですが、
サイト作成手順も慣れない最初は苦しむことが多いので、
なかなか情報発信に移行できない場合も多いです。

むしろせどりの効率化や外注化を進める方にいかれる場合も多いそうです。

そんなせどり実践者の方がせどりエイターブログをうまく作る方法ですが、
基本的には別ジャンルの良質なサイトのつくりかたをモデリングしていき、
せどりの情報にすり替えてつくっていくのがいいです。

以下の記事でWordpressブログサイトの作りかたを解説しています。

参照:WordPressでのサイト開設方法と運営方法まとめ

せどりエイターを志す方の最初のやり方としては、
ワードプレスでブログをつくるところからはじめましょう。

Sponsored Link



コメントを残す

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ